会社に属すか独立するか

フリーランスとは、特定の企業や団体、組織に属さず、自分の才覚や技術を提供することで社会的に独立した個人事業主もしくは個人事業法人です。フリーランサーとして生きることは、通常1人で仕事をすることになります。インターネット環境が整っていれば、手軽に始めることが出来ます。よって、経費も最小限に抑えることができます。自分のエネルギーのある時に、そして自分の好きな時間に仕事をすることができます。もちろん、場所も自由です。会社で働くということは、チームとして働くことになります。毎日、通勤しなければなりませんし、大抵場所や時間が拘束されます。自分の自由な時間が限られます。ひょっとすると、自分の好きでないことにも取り組むことが要求されることもあるでしょう。ただ、収入は安定しています。
フリーランスとして生きるか、会社で働くかは人の好みです。人によっては社会の歯車として生きることを好む人もいるでしょうし、安定性はないが自分は特定のことにエネルギーと時間を費やしたいので、自由のあるフリーランサーとして生きる人もいるでしょう。
ただ、念頭に入れたいのはリストラです。今、日本では多くの会社がリストラを行っていて、望んでいても会社で働くことが難しい状況に追い込まれている人もいます。それを考えた時に、フリーランスという生き方は決して安泰ではありませんが、自分の一存で臨機応変にビジネスを展開できるという点で優れていると言えます。